花まつり

 花祭りとはお釈迦様の誕生日を祝う行事です。昔お釈迦様が誕生されたとき、その場から七歩歩いて右手で天を指し、左手で地面を指して、
「天上天下唯我独尊」
とおっしゃられたと言われています
 花祭りの時に祀られる仏像はこのときのお姿を表したもので、誕生仏と呼ばれています。花祭りの誕生仏はお釈迦様が生まれた地、ルンビニーの花園を模して色とりどりの花で飾られた花御堂の中に祀られます

 誕生仏に甘茶をそそぐ風習は、お釈迦様がお生まれになったときに、それを祝って竜が天から清らかな雨を降らせたという故事にならったものです

 花祭りにお詣りする方はまず本堂前の花御堂に参拝してください。誕生仏に甘茶をそそいだ後はくじ引きをどうぞ!見事当たりを引いた方にはオモチャやケーキをプレゼントします!また、先着で百名まで花の種と甘茶の素を差し上げます

※注意※
くじの景品や花の種・甘茶の素は数に限りがありますので、無くなり次第くじ等は終了となりますくじが終了しても花御堂は午後四時までお詣りできます